ドイツの乳製品①【牛乳HALTBARE MILCH編】

ドイツ生活

ドイツでは1ℓの牛乳パックがおよそ0,7€~1,5€(今日のレートで86円~184円)で販売され、沢山のメーカーや種類があります。今日はそのひとつの、Haltbare Milch(ハルトバーレミルヒ)についてのご紹介です。

ドイツは乳製品が物凄く安く手に入ります。チーズやヨーグルトの種類も豊富です。

そして牛乳も安さ、オーガニック、スーパーのプライベートブランド、地域独自ブランド…たくさんの種類が販売されています。ドイツに越してきたときはその種類の多さに、とても困りました。

どの牛乳の何がいいのか、まったくわからない…また驚いたことに、スーパーで牛乳が常温保管されています!!(当時はかなり衝撃でした。)

今日は常温保管が可能なHaltbare Milch(ハルトバーレミルヒ)について、詳しくご説明します。

<結論 Haltbare Milchとは>
超高温殺菌・熱処理を行い、牛乳を腐らせずに美味しい味を保つことに成功した牛乳。
それがドイツでは一般化され、低価格で販売されています。

言葉の意味

まずはドイツ語を訳してみます。

Haltbar
ドイツ語の形容詞です。ここでは食品が長持ちする、持ちのよい、という意味です。

Milch
牛乳という意味の女性名詞です。英語のMilkと似ていますね。

ドイツ語の文法ルールがあり、Haltbarの語尾にeが付き、Haltbare Milch で、持ちのよい牛乳という意味になります。

高温短時間殺菌処理

まず、皆さんご存知の通り、牛乳の賞味期限はとても短いですよね。常温であればすぐに悪くなってしまいます。

そこでドイツでは熱処理を行い、鮮度や美味しさを保っている牛乳=Haltbare Milchという種類を開発し、一般的に流通しています。

またその熱処理にも大きく分けて3種類に分類されています。以下の表でまとめてみました。

低温殺菌(Pasteurisieren)超高温殺菌(Ultrahocherhitzen)殺菌(Sterilisieren)
温度72~75℃最低でも135℃最低でも110℃
時間15~30秒3~4秒15~30分
常温保存可能期間2~3日数週間1年以上
参考: Das Konditorbuch in Lernfeldern

いわるゆ表の真ん中の超高温殺菌法が使われた牛乳を、Haltbare Milch(H-Milch)とドイツでは言われています。そして常温でも腐ることなく販売され、実際に僕たちも家で飲んでいます。

賞味期限

実際に販売されているHaltbare Milchと、新鮮な牛乳(Frische Milch)と、賞味期限を比較してみます。

まずはHaltbare Milchです。

賞味期限が2020年11月17日となっています。
本日が9月23日なので、開封しない状態でおよそ2か月後の日付でした。

一方、新鮮な牛乳(Frische Milch)です。

2020年10月1日までです。本日9月23日からおよそ約一週間の日付となっておりました。

このように、Haltbare Milchの持ちの良さは普通の牛乳に比べて、およそ約14倍ということがわかりました。

パック

Haltbare Milchのパックの内側には、このような銀のアルミホイルが張られています。

このアルミホイルは、酸素と光によって牛乳の品質が悪くなるのを防ぎ、牛乳の成分と美味しい味を維持する役割となっています。

ちなみにFrische Milchの方は、日本でもなじみのある紙パックです。

牛乳とは関係ない内容ですが、ドイツはエコ精神の先進国だと思います。プラスチック削減努力、リサイクル、再生紙の使用がとても多いです。

このように牛乳パックも工夫することで、Haltbare Milchの品質管理を徹底しています。

価格

まずはHaltbare Milchの価格です。(写真のように、スーパーで冷蔵庫ではなく、常温で販売されています)

1,19€です(約146円)。

次に、Frische Milchの値段です。(写真だとわかりにくいですが、冷蔵庫の中に商品があります)

全く変わりません。とても手頃な値段です。

僕たちは常温保存をする習慣があるので、牛乳はHaltbare Milchをまとめ買いすることが多いです。

ぼくたちの感覚ですが、Haltbare MilchとFrische Milchに味の違いは無いように思います。

しかしHaltbare Milchのほうが、若干重く感じます。また高温処理されているので、Frische Milchよりも、ビタミンが少なくなっているようです。

やはり、Frische Milchの方が新鮮なさっぱりした味わいを感じます。

僕は自宅で楽しむお菓子作りにおいて、Haltbare MilchでもFrische Milchでも、変わらないという意見です。

ただ、アイスクリームなど牛乳の味がとても大事になってくるものに関しては、もっとこだわる必要があります。

注意点

最後に、Haltbare Milchに関する注意点です。

  • 開封後は必ず冷蔵庫保存にしてください。空気とふれることで、菌が増殖し始めます。
  • 購入後は室内暗所での保管となります。超高温殺菌処理されているとはいえ、日当たりのよい所に置いておくと腐ります。
  • また35度を越すような夏の暑い日だと、常温保存でも腐った経験があります。夏は冷蔵庫保存にしましょう。

まとめ

今回はHaltbare Milchについてのご紹介でした。

しかし前回の小麦粉物語同様、ドイツの乳製品も非常に奥深く、たくさんの種類や歴史があります。このように小さいテーマに分けて、今後もご説明していきますね。

私たちにとって、とても身近な存在である牛乳のドイツ事情でした。ぜひご参考ください!

そしていつか日本でも、安い常温保存可能なの牛乳が流通したら嬉しいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました