イチゴとルバーブのジャム

デザートその他

ドイツの春の味覚!イチゴとルバーブを使ったジャム作りです。酸味と甘みのバランスがよく、鮮やかな赤色も食卓の良いアクセントになります!

ルバーブについては、コチラの記事で詳細をまとめているので、併せてご覧ください。

ドイツでは3月末ぐらいから6月末、まさに春になるとルバーブがスーパーや市場に出回り始めます!赤い茎の部分が多いルバーブの方が皮まで食べらるので、オススメです。

イチゴも同様に、春になると真っ赤な新鮮なものが購入できます。

ドイツのイチゴはとても粒が大きく、甘くてジューシーです。生で美味しく召し上がるのが一番かと思いますが、ジャム作りに関しては、ちょっと悪くなりかけてきている、柔らかくなった余ったイチゴを使うのが、オススメです。

材料

150gイチゴ
150gルバーブ
150gグラニュー糖/砂糖

材料比率は1:1:1で作っています。合計300gぐらいのジャムになりますが、お好みで別の分量で作りたい場合、材料をすべて同じ重さにし、作ってみてください!

おすすめ関連商品

ルバーブ
ルバーブがお近くのスーパーで手に入らない方は
コチラがオススメです!

ルビールバーブ サンフレンド農園さま
HPはコチラ

もしくは楽天よりお買い求めいただけます

作り方

  1. ルバーブは下の部分を切り落とし、緑色の部分が多い皮があったら剥いて、小さく切る
  1. 容器にイチゴ、ルバーブ、グラニュー糖/砂糖を入れて、30分置く

ドイツで販売されているジャム用の砂糖、Gelierzucker2:1を使用しましたが、普通の砂糖でもOKです!

  1. 鍋に移し、中火で煮込む
  2. 灰汁が出てくるので、スプーンなどで取り除く
  3. ハンドブレンダーでピューレにし、弱火で10分ほど煮込む
  4. 消毒した容器に入れて粗熱を取り、冷蔵庫で保管
    煮沸消毒しておいた方が雑菌予防になるので、必ずしておきましょう!

完成

僕のYouTubeでは、このジャムを使ったマカロンや、このジャムに合うパンをいくつかご紹介しています。

ぜひご一緒に合わせて、お試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました