手作りパイ生地で作る!ハート型クッキー・シュヴァイネオーレン(Schweineohren)

クッキー

シュバイネオーレン(Schweineohren)はドイツのパイ生地を使った、豚の耳という意味のお菓子で、日本の源氏パイに似ています。

ドイツでは実はこのお菓子は豚の耳(Schweineohren)に似ている、とされています。しかしお隣フランスではパルミエ(ヤシの木の葉)として見られています。

名前の名称は異なりますが、同じお菓子です。同じものを見て、豚の耳とみるか…ヤシの木の葉とみるか…国民性や土地柄が見えて面白い一品。

フランスでは南の方はとても暖かいので、ヤシの木が生えていますが…ドイツは寒い国なので、残念ながらヤシの木が生えるような地域ではありません。ちょっとフランスがうらやましくなりますね。

手作りのパイ生地は手間と時間がかかりますが、今回の生地はドイツ語でBlitzblätterteig(ブリッツブレッタータイク)と呼ばれる、バターの塊を生地に混ぜて折り込むタイプです。膨らみにくいので、このようなパイのお菓子やミルフィーユの使用がオススメです。

長所として失敗しにくく、生地を休ませる時間が通常のパイ生地の半分以下です!ぜひご自宅でお試ししてみて下さい。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

【ポイント】

  • 時間はかからない生地ですが、15分×3回生地を休ませる時間を取るので、時間のプランニングに注意
  • できる限り、生地とバターの温度を上げないようにするのがポイント。バターが溶けてきたら、冷蔵庫で少し固めることをオススメ!

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

  • パイ生地
50g無塩バター
80g薄力粉
小さじ1グラニュー糖/砂糖
ひとつまみ
40ml冷たい水
適量打ち粉用薄力粉
  • 成形・仕上げ
適量グラニュー糖
適量ビターチョコレート
適量ホワイトチョコレート
適量ルビーチョコレート
適量細かく砕いたピスタチオ

仕上げの飾りつけは、ご自宅にある製菓材料で、お好きなように作ってもちろんOKです!

パイ生地

  1. 無塩バターを10分冷蔵庫で冷やす
  2. ボウルに薄力粉、グラニュー糖、塩、冷たい水を加えてゴムベラで混ぜる
    冷やさないように冷たい水を使用しています
  3. 粉っぽさがなくなるぐらい手で混ぜる
  4. 冷やしたバターを加え、スケッパーなどで切るように混ぜる

バターと生地が完全に混ざらないようにしましょう
バターを小さくコロコロの形にするイメージでOK

  1. 手で生地をひとかたまりにする
  2. ラップに包んで冷蔵庫で15分保管
  3. 打ち粉をして麺棒でのばし、スケッパーで25×10㎝ぐらいの長方形になるよう微調整する
    バターが溶け出さないよう、温かい日当たりの場所ではなく、日陰のひんやしした冷暗所で作業するのがオススメです!
  4. 生地の上にある余分な粉を刷毛で取り除き、三つ折りにする
  1. もう一度麵棒で生地を伸ばし、同じ大きさの長方形にする
  1. 今度は三つ折りではなく、四つ折りにする

真ん中を1㎝ぐらいあけておき、四つ折りにしましょう

  1. 再びラップに包み、冷蔵庫で15分保管
  2. もう一度生地を伸ばし、三つ折りにして、更にもう一度生地を伸ばし、四つ折りにする
  3. 再びラップに包み、冷蔵庫で15分保管

成形

オーブンを180度に予熱

  1. グラニュー糖で打ち粉をし、生地を麵棒で伸ばしていく
    目安として24㎝×13㎝の長方形にする
    ここで使用したグラニュー糖が、焼くとカリカリのキャラメル状になります!
    お好みでバニラやシナモンパウダーを追加しても、美味しくなります。
  2. 真ん中に印をつける
  3. 両端から真ん中の少し手前まで、クルクルと丸めていく
    きつく巻かずに、少しゆるい感じでOK!
  1. 両端を切り落とし、0.8㎜~1㎝ぐらいに切る
  1. クッキングシートを敷いた天板の上に、十分な間隔をあけて、置いていく
    焼くと横に広がるので、びっちりした間隔で置かないよう、気を付けましょう。
  1. 180度のオーブンで12分焼く
  2. 焼けたらオーブンから取り出し、裏返す
    熱いので火傷に注意しましょう!
  3. 更に10分焼き、両面に焼き目を付ける

完成

飾りつけはお好きなように行ってください!ドイツではチョコレートをつけるのが一般的なので、僕は3種類のチョコレートを用意しました。

コーティングチョコレートは扱いやすいので、オススメです。ドイツではスーパーでKuchenglasuとして販売されており、手軽に手に入ります。

ドイツ風源氏パイの作り方でした。ハート型にも見えるので、バレンタイン、ホワイトデー、母の日、父の日、誕生日プレゼントなどにも、活用できるレシピかと思います。

手作りのパイ生地で作ったなんて言うと、手がすごく混んでそうに見えますが、この作り方だと時短で本格的なパイ生地ができます。ぜひお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました