米粉のレモンタルト(グルテンフリー)

グルテンフリー

夏にぴったりなレモンタルトを、日本でも手に入りやすい米粉を使って作ってみました!

グルテンフリーレシピなので、グルテンアレルギーや、グルテンの摂取を控えたい方にもオススメできるレシピです。

バニラガナッシュも甘さ控えめに、レモンタルトもスッキリさっぱりした味わいに仕上げています!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

レモンタルト6個分

  • バニラガナッシュ
1g粉ゼラチン
5ml冷えた水
50gホワイトチョコレート
(製菓用クーベルチュール)
100ml生クリーム
100ml生クリーム
1/2本バニラビーンズ
  • タルト生地
60g無塩バター
40g粉砂糖
20gアーモンドプードル
10gコーンスターチ
ひとつまみ
70g米粉
1個(20g)卵黄
30gホワイトチョコレート
(製菓用クーベルチュール)
小さじ1サラダ油
  • レモンクリーム
40g無塩バター
1g粉ゼラチン
5ml冷たい水
1/2個レモンの皮
50g
(大体レモン2個分)
レモン汁
70gグラニュー糖/砂糖
2個(100g)

事前準備

  • Φ7㎝のタルト型
  • Φ9.5㎝の丸い型(9cm以上の丸型ならなんでもOK)
  • Φ2.5㎝の半球型シリコンマット
    (似たような大きさのシリコン型製氷皿でもOK)
  • Φ11㎜の丸い口金
    (お好みの大きさの口金でOK)
  • 絞り出し袋

バニラガナッシュ

  1. 小さめの容器に粉ゼラチン、冷たい水を入れて、スプーンなどでよく混ぜ、その後使用するまで冷蔵保存
  2. ホワイトチョコレートを細かくきざみ、ボウルや耐熱容器などに入れて、レンジか湯煎で溶かす
  3. 鍋に生クリーム100ml、違う容器に生クリーム100mlを量って用意する
    違う容器に入れた生クリームのみ、冷蔵保存しましょう
  4. バニラビーンズを鍋に入った生クリームに加えて(鞘も入れてOK)、沸騰させる
  5. 沸騰したらホワイトチョコレートが入ったボウルに、こして加える
  1. ホワイトチョコレートが溶けるまでゴムベラでよく混ぜる
  2. 冷蔵保存していたゼラチンを加え、更によく混ぜる
  3. 冷蔵保存していた生クリームを少しずつ加え、ハンドブレンダーでよく混ぜる
  1. よく混ざったら、ラップをクリームにぴったり張り付け、最低3時間冷蔵保存

タルト生地

  1. ボウルに無塩バター(大きなかたまりではなく、混ぜやすいようにある程度切っておきましょう)、粉砂糖、アーモンドプードル、コーンスターチ、塩、米粉を入れ、スケッパーなどでバターを細かく切る
  1. 卵黄を加え、ひとかたまりになるようにスケッパーと手で混ぜる
    ※この時点で生地がボロボロ固まらない場合、牛乳小さじ1を加えましょう!
  2. 生地の粉っぽさがなくなり、全体が黄色の色になって、ひとかたまりになったら、ラップに包んで、最低1時間冷蔵保存

オーブンを180度に予熱する

  1. 米粉で打ち粉をし、2.5㎜ぐらいに麺棒で伸ばす
  1. 9㎝以上の丸型で生地を6つ抜く
  2. タルト型に抜いた型を入れていく
    生地が破れないよう、ゆっくり慎重に入れていきましょう!
  1. 型からはみ出している生地を、小さなナイフなどで切る
  1. フォークで底に穴を開ける
  1. 180℃で12分焼く

もし焼いている間に生地が膨らんできた場合、オーブンからいったん取り出し、膨らんでいる部分にフォークで穴を開けて、膨らみを抑えるようにしましょう!
重石を使用していないので、焼いている間も頻繫にオーブンの中をチェックするようにして下さい!

  1. 焼き上がり後粗熱が取れてから、タルト型を取り外す
  2. ざるやこし器を利用して、表面が平らになるよう、タルトを軽くグルグル回して、表面を削る
  1. ボウルや耐熱容器などにホワイトチョコレートを入れて、レンジか湯煎で溶かす
  2. 溶けたらサラダ油を加え、スプーンなどでよく混ぜる
  3. 刷毛でタルトの内側部分(底と側面)に、薄くホワイトチョコレートを塗る
    タルトにクリームを入れても、柔らかくなるのをこれで防ぎます!
  4. 塗ったらチョコレートが固まるまで冷蔵保存

レモンクリーム

  1. 無塩バターを小さなサイコロ状にカットし、使用するまで冷蔵保存
  2. 無塩バターとは別の容器に、粉ゼラチンに冷たい水を加えて、スプーンなどでよく混ぜたら、使用するまで冷蔵保存
  3. 鍋にレモンの皮をすりおろして入れる
  1. レモンを絞って、鍋に加える

事前にレモンを手でコロコロと押し当ててから、絞り器で絞ると、よくレモン汁が出てきます!

  1. 更にグラニュー糖を鍋に加える
  2. 卵2個を別のボウルなどに用意し、泡だて器でよくかき混ぜておく
  3. レモン汁を沸騰させる
  4. 沸騰したら、卵が入っているボウルに少しずつ入れる
    その際に、泡だて器でよく混ぜながら、レモン汁を加えましょう
  1. こして鍋に戻す
  1. 中火で(少し泡が出てくる程度)温めながら、クリームが固まるまで、ゴムベラで混ぜる
  1. クリームが完成したら、冷やしておいた粉ゼラチンを加え、泡だて器でよく混ぜる
  2. 冷やしておいた無塩バターを一気に入れず、少しずつ加え、ハンドブレンダーでよく混ぜる
  3. 全体がよく混ざったら、タルトに目いっぱいクリームを入れ、冷蔵保存
  1. 残りのクリームは、半球型のシリコンマット(Φ2.5㎝)に6個入れて、表面をパレットナイフなどで平らにし、冷凍保存

仕上げ

  1. 最初に作っておいたバニラガナッシュを冷蔵庫から取り出し、ハンドミキサーで泡立てる

夏など暑い時期に作る場合は、氷水の入ったボウルを下にあてて泡立てる、もしくは泡立てたあとに、冷蔵保存して冷やすことを、オススメします!
そうすることで、ガナッシュが安定しだれにくくなります!

今回はバニラガナッシュを使用しましたが、普通の泡立てた生クリームやメレンゲで絞り出してもかわいくなるケーキなので、オススメです!

  1. 口金をセットした絞り出し袋に、ガナッシュを詰める
    ここで全てのガナッシュを入れると、作業中に手の温度で柔らかくなってしまいます。面倒ですが、少しずつ絞り出し袋に入れて、絞り出していきましょう!
  2. タルトを冷蔵庫から取り出し、お花の花びらになるよう、絞り出す
  1. 中心に冷凍保存していた、半球型のレモンクリームをのせる
  2. 再び冷蔵保存し、真ん中のレモンクリーム部分が解凍された頃が食べごろです!
    完成後は早めにお召し上がりください。

完成

夏にオススメのレモンタルトの作り方でした!

実はこのケーキ、フランクフルトで偶然見つけた、デイジーの花畑からヒントを得て作りました。

今年は寒く、5月に入っても肌寒い日が続いていましたが、こんな花畑を見ると癒されますね。

ぜひ皆さんもお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました