イタリア伝統菓子パネトーネ(Panettone)

クリスマス

ミラノ発祥!
ドライフルーツたっぷりのイタリア菓子パン

今回はイタリアの伝統菓子・パネトーネのご紹介です。ドイツのシュトーレンとレシピが似ていますが、スパイスが入っていないので、スパイスが苦手な方でも楽しめるパンです!

パネトーネは円柱型からマフィン型まで作れるので、ご自宅にあるお好きな型をご使用いただけます。また使い捨ての型紙も、ドイツと日本では販売されています。

ケーキのように三角形に切って食べ、お好みで生クリームやバニラアイスクリームを添えて食べます。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

150g中力粉※
30g砂糖
4gドライイースト
50ml牛乳
1個
75g無塩バター
30gレーズン
20gアーモンドスライス
15gオレンジピール
15gレモンピール

※ドイツではMehl550でも405でもどちらでも可。405の方が柔らかいパンになります。

下準備

  • 直径12㎝のパネトーネ型(ドーム型)を使用
    ※無い場合はマフィン型や普通のケーキ型でもOK

生地作り

  1. ボウルの中力粉、砂糖、ドライイーストを入れて泡立て器で混ぜる
  2. 牛乳、卵を加えてゴムベラで混ぜる
  3. 生地が混ざってきたら台にうつす

手ごね~一次発酵

  1. 無塩バターを少しずつ加えながら手ごねをする

かなりべたべたしますので、スケッパーの使用をオススメします。
スケッパーとはハガキのような形のカードのような薄い板で、こねる、生地を切るなど、お菓子・パン作りにとても便利なアイテムです。僕は2€のプラスチック製を使用していますが、手ごろな価格でも十分使いやすいです!

  1. 打ち粉をしつつ、手ごねで約8分こねる
  2. 数回台に打ち付けこねていくと、生地にツヤがでてくる

打ち粉をしすぎると、生地が固くなりパサパサになってしまうので注意です

  1. よく混ざってきたら、レーズン、アーモンドスライス、オレンジピール、レモンピールを加えて、更にこねる
    くっついてきたら適宜打ち粉をしてこねる

クランベリーや他のお好きなドライフルーツを入れても美味しく、色鮮やかなになります!

  1. よく混ざったら布巾をかけ30分発酵させる

二次発酵まで

  1. 打ち粉をして真上から生地をつぶす
  2. 再び生地を丸め、表面がツルンとなるように引っ張りながら丸める
  3. パネトーネ型(お好きな型)に入れて、布巾をかけて30分発酵させる

オーブンを180度に余熱する

  1. 焼き色を見ながら22~25分焼く

完成

粗熱が取れたら型から出し、ケーキクーラーの上で冷ました後が食べごろです。僕は上から粉砂糖をふりかけてみました!

ふわふわの食感でドライフルーツもたっぷり入った甘い味がたまりません。

ぜひご自宅でお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました