スウェーデンのクリスマスパン!サフランたっぷりのルッセカット/Lussekatt

クリスマス

今回はスウェーデンを中心にクリスマスの時期に食べて楽しむ、ルッセカット(Lussekatt)のご紹介です。

アドベント期間(クリスマスの約4週間前からクリスマス当日までの期間を楽しむ、キリスト教の習慣)に食べるのはもちろんですが、特に現地では12月13日の聖ルチア祭でも、よく作られるパンだそうです。

特徴として、S字型に成形するパンです。地域によっては様々な形があると、調べていてわかりました。しかし今回は一番定番だと言われているS字でご紹介しています。

またサフランたっぷりのパン生地が特徴で、黄金色のようなキラキラした黄色が美しいパンでもあります!

lusse

そんなルッセカットですが、”ルチアの猫”を意味するそうです。コーヒー、もしくはグルックと呼ばれる、所謂ホットワインと一緒に楽しみます。

ドイツのホットワインのレシピは、僕のブログ内でもご紹介しています。ぜひご興味ある方は一緒に作ってみて下さい!

ホットワイン(赤)
ホットワイン(白)

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

8個分

55ml牛乳
ふたつまみサフラン
35g無塩バター
190g準強力粉または中力粉
30gグラニュー糖/砂糖
3gドライイースト
25g溶き卵
30g無糖ヨーグルト
ひとつまみ
適量レーズン
(仕上げ用)

サフランの準備

  1. 牛乳を耐熱容器に入れ、レンジで60℃ぐらいになるよう温める
    調理用温度計を使用しましょう!ない場合はある程度温かい温度になったらOK!
  2. サフランを包丁で細かく切る
  3. 牛乳にサフランを加え、ラップをして、30分室温保管
  4. 30分後、スプーンなどでかき混ぜ、綺麗な黄色になっていたらOK!

生地作り

  1. 無塩バターをレンジに入れて溶かす
  2. 別のボウルに準強力粉、グラニュー糖、ドライイーストを入れて、ゴムベラで混ぜる
  3. サフラン牛乳、溶き卵、無糖ヨーグルト、ゴムベラで更に混ぜる
  4. 塩、溶かしバターを加え、引き続き混ぜ続ける
  5. 手でひとかたまりになるように、生地をまとめる
  1. 台に移し、5分手ごね

右ななめ上、左ななめ上とV字型にこねることで、力もこめやすくなり、生地をツヤが出ます

生地を伸ばして戻す、を繰り返しつつ、こね続けましょう

生地を薄く伸ばして簡単に切れなければOK

  1. 表面がピンとなるように丸める
  2. 布巾をかけて40分発酵
    参考…室温22℃ 湿度46%

成形

生地が1.5倍~2倍になったらOK

  1. 生地を真上からグーでつぶし、空気を抜く
  2. 40gずつ合計8個に分ける
    余った生地は均等に振り分けましょう
  3. 生地を丸いボールにように成形する
    手をこのように軽くまげ、台の上で生地をクルクルさせましょう
    ピンと表面がなめらかなボール状になります!
  1. 布巾をかけて10分生地を休ませる
  2. 10分後…
    生地のピンと張った表面を裏返し、そこから30㎝ぐらいの棒状に手で伸ばしていく
  1. 両端を写真のように曲げて、中心に向かってくるくる巻いていく
  1. 8個全て同じように成形
  2. クッキングシートを敷いた天板の上に、成形した生地を並べ、再び布巾をかけて30分発酵

仕上げ

オーブンを200℃に予熱

  1. 余っている溶き卵を、刷毛で生地全体に薄く塗っていく
  2. クルクル巻いている中心部に、レーズンを1個ずつ差し込んでいく
  1. 200℃で10分焼く

完成

現地のレシピを色々調べた際に、もっとサフランが入ったものもありました!

割ってみると、黄金色が美しく、焼き上がりもサフランの香りがたまりません。

ぜひスウェーデンのクリスマス気分をお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました