イタリア・クリスマス伝統菓子パン パンドーロ/Pandoro

クリスマス

パンドーロとは、黄金のパンを意味します。その名の通り、鮮やかな黄色の生地が特徴。たっぷりのバターと卵を使用することで、この美しい黄色の色が出ます!

同じくイタリア・クリスマス伝統菓子パンのパネトーネ(レシピブログはコチラ)は、パンドーロと似ていますが、ドライフルーツがたっぷり入っています。

一方パンドーロはドライフルーツ無しで、シンプルな材料です。しかし星型の型を使用し、かわいらしいギザギザの大きなパンの形が特徴ですね。

味や食感を本場に近づけられるよう、発酵時間も長めに複数回とり、ふわっふわ感を出せるようにしました!

ぜひイタリアのクリスマスの世界をお楽しみください!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

  • 中種1
120g薄力粉
130g強力粉
2gドライイースト
30ml
15gグラニュー糖/砂糖
  • 中種2
3gドライイースト
15gグラニュー糖/砂糖
1個(50g)
  • 生地作り
65gグラニュー糖/砂糖
15gはちみつ
ひとつまみ
少々バニラエッセンス
少々レモンのすりおろした皮
2個(100g)
1個(20g)卵黄
120g無塩バター
  • その他
    • 適量…植物油、薄力粉(型の準備用)
    • 適量…薄力粉(仕上げ用)
    • 適量…粉砂糖(デコレーション用)

事前準備

  • 容量500gのパンドーロ型

おすすめ関連商品

僕が使用した型の類似商品です!詳細は画像をクリック!
直径18㎝、高さ13㎝の型を使用しました

中種1

  1. 薄力粉、強力粉をボウルに入れて、よく混ぜ合わせる
    ブレンド粉とします
  2. 別のボウルにブレンド粉50g、ドライイースト、水を入れて、ゴムベラでよく混ぜる
  3. ある程度まざったら、手でひとかたまりになるように、ボウル内でこねる
  4. ラップをボウルにかけて、1時間室温発酵
    参考…温度24℃ 湿度50%

中種2

  1. 1時間後…
    発酵した生地の入ったボウルに、ブレンド粉90g、ドライイースト、グラニュー糖/砂糖、卵を加えて、ゴムベラでよく混ぜる
  2. ある程度まざったら、手ごねでひとかたまりになるように、ボウル内でこねる
  3. 再びラップをボウルにかけて、3時間室温発酵

生地作り

  1. 3時間後…
    発酵した生地の入ったボウルに、残りのブレンド粉全て、グラニュー糖/砂糖、はちみつ、塩、バニラエッセンス、レモンのすりおろした皮、卵、卵黄を入れて、手でこねる
  2. 無塩バターは事前にレンジで柔らかくしておきましょう
  3. バターを3回に分けて加え、その都度よく混ぜる

とてもベタベタします…お持ちの方は、パンこね機や、スタンドミキサーの使用をオススメします!

  1. バターを全て入れ終えたら、3分ほどこねる
    生地にツヤが出てきたらOK!
  1. ボウルに布巾をかけて、1時間室温発酵

型の準備

星型を使用しましたが、似たような大きさのクグロフ型でも代用可能です!

  1. 刷毛で薄く型の内側にサラダ油などを塗る
  2. 薄力粉をまぶして、全体につくようにする
  3. 最後に台に型をトントンと打ち付け、余分な粉を落とす

仕上げ

  1. 台に打ち粉をして、生地をボウルから取り出す
    ねばねばしているので、スケッパーを使って工夫して取り出すのがおすすめ!
  2. 表面がツルンとなるように、生地をのばしつつ、たたむようにして生地をまとめる
  3. 型の中に生地を入れる
    ツルンとさせた方が裏側になるように、入れましょう
  4. 少し押して、生地を微調整する
  5. 布巾をかけて、2時間室温発酵

発酵が終わる10分前を目安に、オーブンを190℃に予熱

  1. 190℃で10分、更に160℃で40分焼く
  2. 焼けたら、粗熱が取れるまで待ち、その後型からパンを外す
  3. 袋などにパンを入れて、粉砂糖を適量入れて、シェイクし、全体に粉砂糖がかかるようにする

完成

星型がクリスマスらしくて、とてもかわいいですよね!

中身はしっかり、黄金のパンという名にふさわしい、鮮やかな黄色の生地になっています!

このように縦に切り分けて食べるのが一般的だと言われいます。しかし横に切ると、綺麗な星形になっているので、それを楽しむのもOK!

このように重ねて、ツリーのように楽しむ方法もあるとか。しかし、卵とバターがたっぷり入っているので、更に生クリームも飾りつけで使用すると、個人的には重いかなとも思います…

ぜひイタリアのクリスマス気分を、ご自宅でお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました