簡単!ドイツ風焼きりんご(Bratapfel)

クリスマス

アーモンドやレーズンたっぷりの焼きりんご

皆さん素敵なクリスマス・週末をお過ごしでしょうか?
ドイツでは24日がクリスマスイブで、25日・26日がクリスマスの祝日です。

ドイツでは焼きりんごもクリスマスの時期に食べられる定番のお菓子です。しかし焼きりんごは簡単に作れるので、クリスマス以外でも是非冬にオススメのデザートです。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料(二人前)

  • フィリング
25g無塩バター
25gアーモンドプードル
10g粉砂糖
20gアーモンドダイス
15gレーズン
10mlラム酒
小さじ1シナモンパウダー
小さじ1レモン汁
  • その他
2個りんご
50mlリンゴジュース
小さじ1レモン汁
適量ローストアーモンドスライス※①
適量飾り付け用冷凍ラズベリー※②
適量飾り付け用雪の結晶※②
適量飾り付け用クリスマスクッキー※②
適量市販のバニラアイス
適量粉砂糖
※①市販のローストアーモンドスライスやアーモンドスライスをオーブンで焼いたものなどを使用してください
※②飾り付け用はお好きなものを用意してOK

フィリング作り

  1. 無塩バター、アーモンドプードル、粉砂糖をボウルに入れてゴムベラで混ぜる
  2. 全体的に混ざったらアーモンドダイス、レーズン、ラム酒、シナモンパウダー、レモン汁を加えてさらに混ぜる

フィリングを詰める

オーブンを180度に余熱する

  1. りんごのヘタの部分を太めに切り落とす
    後ほど蓋として使用
  1. 底の部分はリンゴがしっかり立つよう、平らになるように薄くまっすぐに切り落とす
  2. 芯の部分を切り抜く
  1. 更にフィリングを詰める用に果物ナイフなどで穴を広げる
  1. フィリングを溢れるぐらい指で詰め込んでいく
    たくさん入っていた方が美味しいです!
  1. 先ほど切り落とした蓋の部分のヘタを抜き、リンゴに重ねる
  2. 耐熱容器を天板にのせ、その中にリンゴを置く
  3. 耐熱容器の中にリンゴジュース、レモン汁を入れる
この動画では2個分けて容器に入れていますが、同じ容器で焼いてももちろんOK
  1. 180度に予熱したオーブンで10分焼く
  2. その後蓋を取り出し、更に20分焼く
    焼きすぎるとリンゴが崩れてしまうので注意

盛り付け

盛り付けはお好みでお好きな飾り付けをしてください!
ただしバニラアイスがあると一層焼きリンゴが美味しくなるのでオススメです!

今回は冷凍ラズベリー、クリスマスクッキー、雪の結晶のマジパン、粉砂糖、バニラアイスを使用して飾り付けをしました!

完成

りんごの種類ですが、酸味の効いたリンゴの方がフィリングとの相性が更によく、オススメです。

ぜひお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました