簡単!フランクフルトのクリスマスマ伝統菓子・べートメンヒェン(Bethmännchen)

クリスマス

バラ香る!アーモンドを使った
180年以上の歴史を持つお菓子

Bethmännchen(ベートメンヒェン)は180年もの歴史を持つ伝統菓子です。レシピは今でも受け継がれ、現在も愛されています。作り方もシンプルで、生地を混ぜて焼くだけなので、初心者の方でも作りやすいです。

このお菓子はドイツ・フランクフルト地方を中心に長年愛されています。およそ1800年代に、Bethmann(ベートマン)家に仕えたお菓子職人が考案しました。

たっぷりのマルチパン(マジパン)にアーモンドを加え、更にローズウォーターを使うことでバラの匂いが香る、エレガントなお菓子です。
※マルチパン(マジパン)とは砂糖とアーモンドを練り合わせて作った甘い菓子。

ボール状に丸めた生地にアーモンドを3枚付けるのが特徴なのですが、実はこのアーモンドはベートマン家の子供たちを表しているとされています。

当初は4人だったベートマン家の子供たち。そのため4枚のアーモンドを付けていましたが、その後1人なくなってしまった為、現在の3枚で受け継がれています。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

200gマルチパン(マジパン)
50g粉砂糖
1個
※卵白1個分、卵黄半分を使用
大さじ2薄力粉
大さじ1ローズウォーター(食用)
約100g皮なしアーモンド
大さじ1牛乳
薄力粉はドイツだとMehl405使用

アーモンドを切る

  1. 皮なしアーモンドを半分に切る

生地作り

  1. マルチパン、粉砂糖、卵白1個分、卵黄半分、薄力粉、アーモンドプードル、ローズウォーターをボウルに入れ、手で混ぜる
  2. 粉っぽさが無くなるまで混ぜる

成形

天板にクッキングシートを敷く

  1. 少量を手に取り、生地を丸めていく

大きさを統一すると綺麗に見えます。目安としては直径1~2㎝ぐらいの小さなコロコロした大きさです。

オーブンを170度に予熱しておく

  1. 半分に切ったアーモンドを生地にくっつけていく
  1. 半分残っている卵黄に牛乳を加え、刷毛で一つずつ丁寧に塗っていく
  1. オーブンで15分焼く

完成

ベートメンヒェンのご紹介でした。現代的なモダンなお菓子とは異なる、素朴でホロホロとした食感です。

ドイツやヨーロッパは伝統や歴史を大切にしていく文化があるので、時代が変わってもその昔の味を大切にしよう、という考え方があります。僕たちもその考え方には賛成です。

今後もヨーロッパのあまり日本ではメジャーではない伝統菓子をご紹介していけたらと思っております。ご興味がある方は是非お試ししてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました