オーストリア伝統菓子・リィンツァートルテ(Linzer Torte)*ヴィーガン*

クリスマス

赤スグリのジャムとナッツが相性抜群!
オーストリアや南ドイツでクリスマスに食べる伝統菓子

Linzertorte(リンツァートルテ)はオーストリア北部のリンツ地方発祥です。たっぷりのナッツとスパイスの効いた生地に、赤スグリのジャムを使用したタルトです。今回はヴィーガン用のレシピとして作ってみました。

17世紀に誕生したとされる、主にオーストリアとドイツで食べられるタルトです。伝統的には格子状に表面を覆うのですが、今回はクリスマスらしい星型のデコレーションにしてみました。

赤スグリとはドイツ語でJohanissbeere(ヨハ二スベーレ)です。ドイツではジャムとしてスーパーでも手ごろな価格で手に入ります。代用としてラズベリーやいちごなど、酸味のある赤いジャムがオススメです!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

150gマーガリン
75gブラウンシュガー
ひとつまみ
小さじ1/2シナモンパウダー
小さじ1/2クローブパウダー
大さじ1
80gヘーゼルナッツパウダー
140g薄力粉
60g全粒粉
(薄力粉でも可)
200~250g赤スグリのジャム
(ラズベリーやいちごも可)
少量豆乳
少量飾り用粉砂糖
※ヴィーガン用レシピですが、マーガリンを無塩バターに、豆乳を牛乳に変えるなど、お好みで変更可能です
  • 直径20㎝のタルト型(ご自宅にあるタルト型でOK)
    • 底の部分のみにクッキングシートを敷く
    • 周りには油を塗って小麦粉をふるってつけておくと、生地がくっつきにくくなり、型から外しやすくなります

タルト生地作り

  1. マーガリン、ブラウンシュガー、塩、シナモンパウダー、クローブパウダーをボウルに入れゴムベラで混ぜる
  2. 水、ヘーゼルナッツパウダーを加えて更に混ぜる
  3. 薄力粉、全粒粉をこして加える
  4. ゴムベラで切るように混ぜる

色が茶色へ代わり、粉っぽさが無くなるまで、よく混ぜます。動画のように、縦方向に切るようにし、ボウルに沿って円を描くように、生地をすくうように、混ぜていくのがポイントです。

  1. ラップに包んで1時間冷蔵庫で休ませる

生地を型に入れる

  1. 冷蔵庫から生地を出し、2/3のみ使用
    残り1/3は後ほど使うので再び冷蔵庫に戻します
  2. 打ち粉をし麺棒を使って約3㎜に生地をのばしていく

マーガリンを使用しているため、くっつきやすいです。適宜打ち粉をしつつ伸ばしていきますが、打ち粉のし過ぎに注意です。

  1. 下準備で用意したタルト型に生地を入れていく
    生地が型に合うように押し付けていく
  1. 型からはみ出した生地をナイフで切り落とす
    ※ここで切り落とした生地は後ほど使用
  1. タルトの中に赤スグリのジャムを入れて平らに伸ばす
  2. 先ほど切り落とした余った生地をまとめ、丸めて、長い棒状にのばしていく
  1. タルト型の周りにくっつけていく

オーブンを170度に予熱しておく

デコレーション作り

  1. 冷蔵庫保存していた1/3の生地を、同様に打ち粉をして、麺棒で約3㎜の厚さにのばしていく
  2. お好みのクッキー型で抜いていく
    ※今回はクリスマスらしく星型を使用
  3. ジャムの上に並べる
  1. 刷毛でタルトの端を豆乳で塗る
  1. その上にアーモンドスライスをのせる
  1. オーブンで30分焼く
  2. 焼きあがった後に型からタルトを外してケーキクーラーなどにのせて冷ます
  3. お好みで粉砂糖をふるう

完成

今回はヴィーガン用のレシピで作りましたが、マーガリンを無塩バターに、豆乳を牛乳に変えて作ることも可能です。

ジャムの酸味とナッツがとても相性がよく、しっとりとした生地になります。

ぜひご自宅でお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました