【イタリア・ローマ伝統菓子】マリトッツォ(Maritozzo) ホームベーカリー対応!

パン

マリトッツォはイタリア・ローマで長年愛されている、たっぷりの生クリームが入ったふわふわの丸いパンです。最近Twitterで見かけることが多かったので、作ってみました!
一次発酵まではホームベーカリーで対応可能レシピです。

現地では朝ごはんとして食べられることが多いそうです。 古代ローマ時代から伝わると言われている伝統的な菓子パンで、当時は生クリームではなく、干しぶどうやハチミツを使用していたようです。

名前の由来はイタリア語の夫、という意味のMarito(マリート)から来ていると言われています。婚約者のために作ったため、朝まだ寝ている妻のために買ってきた、好きな人にプレゼントするためなど、イタリアらしいロマンチックなエピソードが諸説あるようです。

現地のレシピでは、バターを入れてブリオッシュ生地のようにするものもありましたが、今回はイタリアらしく、オリーブオイルを使って作ってみました!

強力粉も入っているのに、本当に軽い食感不思議で、何個でも食べられそうなパンです。

<ポイント>

  • 生地に今回オリーブオイルを使用しましたが、バターでも作ることができます。その場合はブリオッシュのようなパンになります。
  • 香り付けとしてレモンの皮を使用しましたが、お好みでオレンジの皮でもできます。
  • 今回6個分40gずつのレシピですが、イタリア語のレシピを調べていると、1個80gに分けるものもありました。お好みの大きさで作るのもオススメです。同様に生クリームも、好きなだけ盛りだくさん詰め込んでしまうのもオススメです
  • 一次発酵まではホームベーカリーで代用可能です。その場合は、生地コースでパン生地を選択してください。一次発酵後の流れは同じです。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

  • 生地つくり(6個分)
80g強力粉※
60g薄力粉※
10gグラニュー糖/砂糖
3gドライイースト
適量レモン汁
60ml牛乳
1/2個(25g)
小さじ1/2ハチミツ
ひとつまみ
25mlオリーブオイル
(サラダ油でも代用可)

※小麦粉については、ドイツ在住者の方はコチラをご参照ください

  • その他
生地つくりで余った量
大さじ2グラニュー糖/砂糖
大さじ2
100ml生クリーム
小さじ1粉砂糖

生地つくり

  1. 強力粉、薄力粉、グラニュー糖/砂糖、ドライイースト、レモンの皮をボウルに入れて、泡立て器で混ぜる
  2. 牛乳、卵、ハチミツを加えて、ゴムベラでさらに混ぜる
  3. 塩、オリーブオイルを入れて粉っぽさが無くなるまで手でまぜたら、台に生地を移して、手ごねをする(約5分)

右ななめ上、左ななめ上とV字型にこねることで、力もこめやすくなります

伸ばして戻す、を繰り返していくと、生地にツヤが出てきます

生地を薄く伸ばして簡単に切れなければOK

  1. 下に引っ張るように生地を伸ばしながら、表面がツルンとなるようにして生地を丸め、布巾をかけて約45分発酵させる

ここまでの過程は、ホームベーカリーで対応可能です。一次発酵まで行う、パン生地コースを選択して行ってください!
我が家のホームベーカリーはドイツ版Panasonicを使用していて、一次発酵までのノーマルコース(19番)でOKでした。
ただしメーカーによって異なるので、お持ちのホームベーカリーに適したコースをご確認ください。

  1. 真上からグーで生地をつぶし、打ち粉をして、生地をつぶす
  2. 40gずつに分ける
    余った生地は均等になるよう、振り分けてください
  3. それぞれを表面がツルンとなるように丸める
    指を少し曲げて、その中に生地を持ち、台に打ち付けるようにして丸める
  1. 丸めた生地を裏返し、真ん中を少しつぶす
  2. そして上から手前に生地を丸め、掌で上下に3往復ほど転がすと、楕円形に成形できる
  1. このつなぎ目があるほうを下にして、クッキングシートを敷いた天板に置く
  2. 布巾をかぶせて約30分発酵

オーブンを180度に余熱する

  1. 残っている卵を使い、全体を刷毛で塗る
  2. オーブンで12分焼く

シロップ

  1. グラニュー糖/砂糖、水を耐熱容器に入れて、レンジで30秒~1分温める
    とても熱くなるので火傷にご注意ください!

クリーム

  1. 生クリームをハンドミキサーで泡立てる
  2. 粉砂糖を加えて、ピンと角がたつまで泡立て続ける

仕上げ

  1. パンの表面にシロップを塗る
    パンの粗熱が取れ、冷めた後に塗ってもOK!
    シロップにより、パンがよりしっとりします
  2. クリームを挟むために、パンを切る
    1㎝ぐらい残すように、ざっくり切ってしまいましょう!

今回は真ん中を縦に切りましたが、横を切ってもOKです。イタリアのレシピでは両方見かけました。お好みでお好きなように切ってみてください!

  1. たっぷりクリームを挟み、パレットナイフなどで平らにする
  2. 最後にお好みで粉砂糖をふるう

完成

とても軽くて、何個でも食べられてしまいそうなパンです!また本場のレシピでは、1個80gで作るものや、パンが見えなくなるほどのクリームを入れているのを見かけました。

お好きな大きさで、たっぷりの生クリーム入りがオススメです。またイチゴやココアパウダーなど、いろんな味に変えてみても、面白そうだなと作っていて感じました!

また、コーヒーとよく合います。濃いめのブラックコーヒーか、またはエスプレッソの苦みが合うので、まさにイタリアらしいパンですね。

しかし、朝食で普通の食事パンとして食べるのは、ちょっと物足りない気がします。やはりこちらは、生クリームを使用して菓子パンとして楽しむのが1番かなと思います。

僕はローマは高校生以来いっていないので…コロナが終わったら本場を食べてみたいです!ぜひご自宅で皆さんも、イタリア気分を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました