ドイツパン・ヴァイツェンミッシュブロート(Weizenmischbrot)

パン

このパンは、小麦粉とライ麦粉をブレンドして作られます。小麦粉の方が配分が高い場合、ヴァイツェンミッシュブロート、という名前になります。

ライ麦粉は酸味が効いている、割とどっしりしたパンです。ライ麦粉については、こちらの記事でまとめているので、ご参考ください。

今回は小麦粉が多めのブレンドです。ライ麦粉を試したことがない、クセのある味が少し苦手、という方でもお楽しみいただけるレシピにしました。

本来は、サワー種というパン種を使って数日かけて作るパンです。しかし今回は発酵時間を何度か分けて行い、サワー種の代用としてヨーグルトを使って、一日で出来るレシピにしました!

<ポイント>

ライ麦はグルテンの量が小麦に比べて少ないので、ふくらみをよくするため、また味をよくするために、発酵時間を多めにとってあります。

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料(2個分)

180g 強力粉
120g全粒粉
(細挽き)※1
100gライ麦粉※2
5gドライイースト
小さじ2
(約15g)
はちみつ
110g無糖ヨーグルト
160ml
6g

※1…強力粉で代用可
   強力粉はMehl1050を使用
※2…Roggenmehl997を使用

生地作り

  1. 強力粉、全粒粉、ライ麦粉、ドライイーストをボウルに入れて、ゴムベラでよく混ぜる
    ブレンド配合…強力粉+全粒粉75%
           ライ麦粉25%
    お好みでライ麦粉を多めにしてもOKです!
  2. はつみつ、無糖ヨーグルト、水を加えて、ゴムベラでよく混ぜる
  3. はちみつを加えて、粉っぽさがなくなるまで手で混ぜる
  1. 粉っぽさがなくなってきたら、台に移して手ごねを約7分行う

右ななめ上、左ななめ上とV字型にこねることで、力もこめやすくなります

生地を薄く伸ばして簡単に切れなければOK

  1. 表面がツルンとなり、割れ目ができないように気を付けながら、生地を引っ張るようにして丸める
  2. ボウルに入れ布巾をかけて30分発酵させる
    参考…室温22℃ 湿度43%

発酵と成形

  1. ボウルに入れた状態で、手で生地を軽くこねて、空気を抜く
  1. 再び表面がツルンとなるよう、生地を下に引っ張りながらまとめ、布巾をかけて30分発酵させる
  2. 同じように手で生地の空気を抜き、布巾をかけて30分発酵させる

30分の発酵を、この段階で3回行います。
発酵だけで合計1時間半かかりますが、ライ麦は小麦粉よりもグルテン量が少ないです。そのため、パンの膨らみを良くし、味も美味しくさせるため、このような発酵時間にしました。

  1. 打ち粉をして生地をつぶし、空気を抜く
  2. 半分に分ける(それぞれ350gぐらいになります)
  3. それぞれを丸め、生地を下に引っ張り、表面をツルンとさせる
  1. 生地を手で転がし、直径約6㎝、長さ18㎝の棒状に成形する
    両端は少し丸めるように、指で生地を押し込むようにして、微調整してください!
  1. クッキングシートを敷いた天板にのせて、布巾をかけて30分発酵させる

仕上げ

発酵が終わる15分前に、オーブンを240度に予熱しておく
この予熱を開始するときに一緒に耐熱容器にお湯を入れて、オーブンの底に入れておく

  1. 1㎝程の深さで、斜め45度に、3本の切り目(クープ)をナイフで入れる
  1. 全体に霧吹きで水を吹きかける
    刷毛で水を直接パンに塗ってもOK
  2. 240度のオーブンで10分、その後200度で10分、合計20分焼く

完成

このパンに決まった形はないので、今回は型が無くても手で成形ができる形にしてみました。

バターを塗って野菜をのせたり、ドイツのフレッシュチーズ・クワルクとも相性がとても良いです。

フランスパンとは異なり、中はどっしりしていて、食べ応えがあるパンです。スライス2枚だけでもお腹いっぱいなります。しかしライ麦や全粒粉を使用しているので、便秘解消、満腹感をすぐに感じやすいなど、良い効果がたくさんあります。

そのため朝忙しい方や、ダイエット中の方にもオススメです。ドイツパンの世界をお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました