ドイツパン・プディングプレッツェル(Pudding Brezel)

パン

このパンは特にドイツ西部のライン川沿いにある地域で、よく食べられています!デニッシュ生地を使用し、ドイツのカスタードクリーム・バニラプディングを中に詰めています。

僕が修行時代働いていたパン屋で、毎日作っていた思い出のパンです。ドイツではこのパンのように、デニッシュ生地を使用したものも、菓子パンの一つとしてよく見られます。

ドイツのバニラクッキーは通常クリームパウダー、という風味つけされた粉を使用することが多いのですが、今回は手に入りやすい・使いやすい、コーンスターチを取り入れました!

ポイント

デニッシュ生地はできるだけ涼しい場所で作りましょう

バターが溶け出してしまうと、綺麗な生地になりません

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料(6つ分)

  • バターの準備
    45g 無塩バター
  • 生地作り
60g強力粉
70g薄力粉
10gグラニュー糖/砂糖
2gドライイースト
80ml牛乳
小さじ1/2
5g無塩バター
  • バニラプディング
75ml牛乳
75ml生クリーム
25gグラニュー糖/砂糖
1/2個バニラビーンズ
1個(20g)卵黄
10gコーンスターチ
  • 成形
    適量 卵
  • 20×20㎝のクッキングシートを2枚用意

バターの準備

  1. バターを20×20㎝に切ったクッキングシートにはさみ、麺棒で伸ばす
    大体15×15㎝の正方形になるように伸ばしましょう
    できたら冷蔵庫で冷やしておきます
スケッパーや定規など固いものを使って、このように形を整えてください!

生地作り

  1. 強力粉、薄力粉、グラニュー糖/砂糖、ドライイーストをボウルに入れて、泡立て器で混ぜる
  2. 牛乳を加えて、ゴムベラで混ぜる
  3. 塩、無塩バターを加え、さらに混ぜていく
  4. ある程度粉っぽさが無くなってきたら、ボウルから生地を取り出し、約5分手ごねする

右ななめ上、左ななめ上とV字型にこねることで、力もこめやすくなり、生地をツヤが出ます

生地を薄く伸ばして簡単に切れなければOK

  1. 生地を丸くまとめ、布巾をかけて20分休ませる
  2. 打ち粉をして、先ほど作ったバター(折込用バターになります)よりも、一回り大きい正方形に伸ばしていく
  1. 冷蔵庫からバターを取り出し、生地で包む
  1. 麺棒で慎重に伸ばし、三つ折りにする
  1. ラップに包み、冷蔵庫で20分休ませる
  2. 打ち粉をして、再び同じように生地を慎重に麵棒で伸ばし、四つ折りにする
    真ん中を1㎝ほど開けて4つ折りにしましょう
  1. 同様にラップに包み、冷蔵庫で30分休ませる

バニラプディング作り

  1. 鍋に牛乳、生クリーム、グラニュー糖/砂糖、バニラビーンズを入れる

バニラビーンズは鞘を切って、中身を小さなスプーンで取りましょう。鞘もそのまま鍋に入れてOKです!

  1. ボウルに卵黄、コーンスターチを入れてスプーンなどで混ぜる
  2. 鍋に入っている液体類から小さじ2のみ、卵黄とコーンスターチが入ったボウルに加え、更によく混ぜる
  3. 鍋に入っている液体類を沸騰させ、沸騰したらこしてボウルに移す
  4. こした液体を泡立て器でよく混ぜる
  5. よく混ざったら、鍋に戻して中火でゴムベラでかき混ぜつつ、再び沸騰させる
トロトロした状態になってきます!
  1. トロトロしてきたらボウルに移し、ラップをぴったりと張り付けて、粗熱を取る

成形

  1. 冷蔵庫に入れておいた生地を取り出し、打ち粉をして、麵棒で12×30㎝くらいに伸ばす
  2. 生地を6等分する
  1. 両端をもってねじりながら伸ばしていく
  1. プレッツェルの形を作る
    両端をクロスさせ一回転、その後真ん中に付ける
    そして最後そのプレッツェル自体をひっくり返す(両端を付けた側が見えないよう裏面にする)
  1. クッキングシートを敷いた天板に置き、その上から布巾をかけ、30分発酵

オーブンを180度に余熱する

  1. 適量の溶き卵を用意し、刷毛で全体に薄く塗る
  2. 穴部分にスプーンなどでプディングを入れる
  1. 焼き色を見ながら16分焼く

完成

ドイツパン・プディングプレッツェルのご紹介でした!デニッシュ生地は織り込むので時間がかかりますが、綺麗になった層になったパンを見ると、やりがいを感じます。

ぜひお試ししてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました