ドイツ風ビーフシチュー!牛肉のグーラッシュと丸ごと食べられるドイツパンの器

クリスマス

ドイツでも愛されている煮込み料理・グーラッシュは、ハンガリーが発祥と言われています。しかしドイツ・オーストリア・チェコなどでも一般的な料理として、現在は親しまれています。日本風にいうと、ビーフシチューですね。

グーラッシュも様々な種類がありますが、今回は牛肉のグーラッシュ(リンダーグーラッシュ/Rindergulasch)をご紹介します!牛肉は定番の一品と言えますね。

さらに、小麦粉とライ麦をブレンドして作るドイツパン・ヴァイツェンミッシュブロート(僕のブログ内でもレシピ公開中)を器として作り、寒い日の特別なディナーに合うようにしてみました!

グーラッシュ自体は通年楽しめる料理ですが、やはり煮込み料理なので、冬に食べると格別に美味しく感じます。スパイスも効いているので、より体も温まります!

パンも小さめに作っていますが、実はライ麦や全粒粉を使用しているので、見た目よりは腹持ちがよく、割とボリュームがありますね。

ドイツらしさを活かした一品です。ぜひお試ししてみてください!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

4個分

  • グーラッシュ
300gシチューやカレー用牛肉
(グーラッシュ用牛肉)
少々塩コショウ
150g玉ねぎ
大さじ1サラダ油
大さじ1/2サラダ油
20gトマトペースト
小さじ1パプリカパウダー
90ml 赤ワイン
200ml
1/4個赤パプリカ
黄パプリカ
1個にんにく
少々レモンのすりおろした皮
小さじ1/2キャラウェイ
小さじ1/2マジョラム
少々

本格的なグーラッシュに必要なスパイスとして、にんにく、キャラウェイ、マジョラム、パプリカパウダー、レモンのすりおろした皮をオススメします。

マジョラムはフレッシュな生のものがよりオススメ。しかし手に入らない場合は、タイムで代用可です。

  • ドイツパン
110g強力粉
70g小麦全粒粉
60gライ麦粉
3gドライイースト
小さじ1はちみつ
100ml
70g無糖ヨーグルト
4g
  • その他
    • デコレーション用パセリ
    • サワークリーム(お好みで最後追加してもOK)

グーラッシュ

  1. 牛肉を一口サイズに切る
  2. 塩コショウをふるい、もみこんでおく
  3. 玉ねぎは上下を切り落とし、皮を剥いて半分に切り、繊維にそってスライス切りにする
  4. 大さじ1のサラダ油をフライパンにしき、強火で熱する
  5. 牛肉を重ならないように並べていき、焦げ目をつけていく
  6. 全体に焼き色・焦げ目がついてきたら、ボウルなどに移しておく
  7. そのまま同じフライパンに、大さじ1/2のサラダ油をしき、再び強火で熱する
  8. 切った玉ねぎを入れ、茶色い色がつくまで炒める
  1. トマトペースト、パプリカパウダー、牛肉を加えて、更に炒める
  2. 赤ワインを入れたら、水分が無くなるまで、強火のまま煮詰める
  3. 水を入れたら蓋をし、弱火にして、1時間半から2時間に煮込む
  4. 煮込んでいる間に…
    赤と黄色のパプリカを細かく切る
    ※パプリカはお好みで省いても良いですが、あると彩りが出るので、オススメです!

※ドイツの牛肉は非常に硬いので、長時間煮込まなければ柔らかくなりません。しかし日本やほかの国の牛肉事情は異なるかもしれませんので、その牛肉の柔らかさを味見で確認しつつ、柔らかくなるまで煮込みましょう

  1. にんにくの皮をむく
  2. まな板の上で、レモンの皮をすりおろし、にんにくもすりおろす
  3. キャラウェイ、マジョラムを加え、全体を細かく包丁できざみ、ミックススパイスを作りましょう
  4. 2時間後…
    弱火から中火に変え、パプリカ、ミックススパイスを加えます
  5. 中火のまま2分ぐらい煮込み、味見してみます

僕はここで、塩、パプリカパウダー、レモンの皮を少し追加してみました!
お好みでお好きな調味料を加えてみて下さいね。

  1. 味の調整が終わったら、小さい鍋などに移して、冷蔵保存

※一日置いた方が、スパイスなどの味が落ち着き、よく牛肉にも味がついてオススメです!

グーラッシュとパンを1日目に作っておき、2日目にグーラッシュを温め直し、パンを焼き直ししてから食べるのがオススメですね。

ドイツパン

  1. ボウルに強力粉、小麦全粒粉、ライ麦粉、ドライイーストを加えて、スプーンなどでよく混ぜる
  2. はちみつ、水、無糖ヨーグルト、塩を加えて、ゴムベラでよく混ぜる
  3. 生地がまとまってきたら、手で混ぜてひとまとまりにし、台に移す
  4. 5分手ごね

右ななめ上、左ななめ上とV字型にこねることで、力もこめやすくなります

生地を伸ばして戻す、を繰り返しつつ、こね続けましょう

生地を薄く伸ばして簡単に切れなければOK

  1. 表面がツルンとなるように生地を丸める
  2. ボウルなどに入れて、布巾をかけて、30分発酵
    参考…室温22℃、湿度45%
  3. 30分後…
    生地を下から折り込むようにし、更に裏返して、布巾をかけて30分発酵
  1. 30分後…
    再び生地を下から折り込むようにし、更に裏返して、布巾をかけて30分発酵

合計3回、30分の発酵があります!作る場合は時間を逆算し、プランニングに気を付けましょう

  1. 生地の真上からぐーで生地を押し、空気を抜いて、台に取り出す
  2. 105gずつ、4個に分ける
    余った生地は均等に振り分けましょう
  3. 手で生地を一つ一つ丸めていく
    表面がピンとシワが無いようにしましょう
  1. 丸めたら手のひらで平らにつぶし、ピンと張った表面が裏側になるようひっくり返して、クッキングシートを敷いた天板に乗せる
    ※裏側はシワがあるままでOK!そのシワが焼きあがったあと、ゴツゴツ感となり、ドイツパンらしさに繋がります!
  2. 天板の上から布巾をかけて、30分発酵

オーブンを240℃に予熱

※発酵終了10分前を目安にオーブンを予熱しますが、その際に耐熱容器にお湯を張り、一緒にオーブンに入れて予熱しておきましょう

  1. 発酵が終わったら、パン全体を霧吹きで水を吹きかける
  2. その上からライ麦粉をふるう
  3. 240℃で10分、200℃で7分焼く

仕上げ

  1. パンの器の蓋部分になる上部を、1㎝ぐらいの幅で、切り落とす
  1. グーラッシュを入れる下部は、側面およそ1㎝を残して、小さいナイフなどで切れ込みを入れていく
  2. スプーンなどで、中身をくり抜く
    底に穴が開かないように気を付けましょう

くり抜いたパンの中身は、乾燥させて、更にミキサーにかけて細かくすると、パン粉として再利用できるのでオススメ!冷凍も可能です。

  1. 食べる前に200℃で5分ぐらい焼き直すと、更に美味しさがアップ!
  2. その間にグーラッシュを温め直す
  3. 盛りつけ、お好みでパセリやサワークリームをのせる

完成

とてもかわいい器に、熱々のグーラッシュが体を温めてくれます。

そのままパンごとかじりついてもOK!スプーンですくって食べつつ、グーラッシュを足しながら、最後に味がたっぷり染み込んだパンを食べるのもOK!

コメント

タイトルとURLをコピーしました