【スペイン伝統菓子】クレマ・カタラーナ(Clema Catalana)

デザートその他

スペインのカタルーニャ地方(バルセロナがある西部の地域)が発祥のスイーツ・デザートです。クリームブリュレの原型とも言われています!

クリームブリュレとクレマカタラーナの違いとして、まずオーブンで焼かずにコーンスターチでクリームを固めています。そして生クリームよりも牛乳を多めに使用するレシピです。

味もオレンジ・レモンといった柑橘系フルーツとシナモンを使用しているので、酸味が感じられる甘さが特徴です。

スペイン現地では、3月19日の聖ヨセフの日に食べられることが多いスイーツのようです(ドイツではそのような習慣はありません)。

仕上げに通常はクッキングバーナーを使用します。しかし今回は別にキャラメルをつくって乗せる、ガスバーナーなしでも楽しめる作り方をご提案します!

<ポイント>

  • カスタードを作るときに火にかけますが、きちんと火を通しましょう。火の通りが甘いと、粉っぽさが残ってしまいます。
  • 今回はバーナーをお持ちでない方向けに、キャラメルソースの作り方も紹介しています。火傷に気を付けながら、作ってみてください。
  • キャラメルは時間を置くとカリカリ感がなくなってしまいます。キャラメリゼした後の出来立てが、一番おいしいのでオススメです!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

レシピ動画

Youtube<motomone baking>にてレシピ動画を公開しています。ぜひご参考ください。
皆さまのコメント、ご質問、レシピのリクエスト、チャンネル登録、お待ちしております。

材料

この分量はココット型大2個と、ココット型小4個の、合計6個分です。
全ての材料を半量にするとココット型大2個、もしくはココット型小4個の分量となります。

220ml牛乳
120ml生クリーム
60gグラニュー糖/砂糖
2個シナモンスティック
1個オレンジ
2個卵黄
16gコーンスターチ
20ml牛乳
適量ブラウンシュガー※1
適量ミント(飾り用)

※1 グラニュー糖(砂糖)でも代用

※2ガスバーナーなしでキャラメルを作る場合
大さじ4 グラニュー糖(砂糖)
大さじ2 水
大さじ2 お湯
この分量はココット型大2個と、ココット型小4個の、合計6個分の分量となります。
こちらも材料を半量にするとココット型大2個、もしくはココット型小4個の分量となります。

  • ココット型大…直径11㎝ 深さ2.5㎝
  • ココット型小…直径6㎝ 深さ2.5㎝
  • あればクッキング用バーナー

カスタード作り

  1. 鍋に牛乳220ml、生クリーム、グラニュー糖(砂糖)、シナモンスティック、オレンジの皮をすり下ろして加える(オレンジの皮の量は半分程度でOK)
    すり下ろさずに薄く切ってもOK
    レモンを使用するレシピもあり、レモンを使っても美味しいのでおすすめです。お好きな方をお試ししてみてください!
  2. 沸騰させる
  3. 沸騰したら火からおろし、ヤケドに気を付けながら、ラップをピッタリとくっつけて、15分ほど常温に置いておく
    こうすることで、シナモンの良い香りをよく引き出せます!
  1. 卵黄、コーンスターチをボウルに入れて、スプーンなどでよく混ぜる
  2. 20ml牛乳を加えて、泡だて器でよく混ぜる
  3. ラップをして置いていた鍋をもう一度コンロに移し、ラップをはがして、少し沸々とするまで温める(沸騰直前が目安です)
  4. 沸騰直前まで温めたら、火からおろす
  5. 卵黄などが入っているボウルに、こして加える
  1. 泡だて器でよく混ぜたら、再び全て鍋に戻して、火にかける
  2. かき混ぜながら、中火で沸騰させる
    そうするとだんだん、とろみがついてきます!

カスタード作りでは、きちんと火を通すようにしましょう!火の通りが甘いと、粉っぽさが残ってしまうので、注意です。

  1. 熱いうちにココット型にクリームを入れる
  2. 器を持ち上げて少し揺らし、表面を平らにする
  1. 食べるまで冷蔵保存する
    およそ1時間ぐらいで完全に冷えます

デコレーション作り

  • オレンジの皮を切り落とし、実だけ綺麗に切る
    このオレンジとミントを最後にのせると、とても綺麗なデザートになるので、オススメです!

仕上げ(クッキングバーナー無)

  1. 鍋にグラニュー糖(砂糖)、水を加え、強火にかけてキャラメルを作る
  2. 色がこげ茶色になってきたらお湯を加える
    高温の水分が飛び跳ねるので、ヤケドに十分注意しましょう!
  3. 冷えたクリームを冷蔵庫から取り出し、表面にキャラメルをのせる

ガスバーナーを持っていない方は、こちらでもクレマカタラーナの味を楽しめますので、是非お試ししてみてください!

仕上げ(クッキングバーナー有)

  1. 冷蔵庫からクリームを取り出し、ブラウンシュガーをのせて、均一になるよう、手でトントンと叩きながら、全体に広める
    大型には小さじ2、小型には小さじ1程度が適量の目安
    もしブラウンシュガーを多く乗せすぎた場合は、上からたたくようにし、余ったブラウンシュガーを戻すようにしましょう
  1. クッキングバーナーで全体をキャラメリゼする
    じっくりゆっくり焼いた方が綺麗に焼けていきます!
  1. オレンジやミントを乗せて飾り付けをする

完成

キャラメルは時間がたつとパリパリ感が無くなってしまうので、出来立てが一番おいしいです!召しあがる直前にキャラメルを作る、もしくはクッキングバーナーで焼くことをオススメします!

クリームは冷えていますが、キャラメルは温かいので、その不思議な温度差もとても魅力的なスイーツです。また今回はオレンジを使用しましたが、レモンを使っても美味しいです。

さっぱりしつつ、シナモンの香りもたっており、クリームもまろやかに口の中で広がります。ぜひお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました