ヴィーガンクリームブリュレ

デザートその他

乳製品・動物性食品使用なし
ヴィーガンクリームブリュレ

ヴィーガンとは、植物性の食品のみ摂取する食習慣のことです。近年は人口増加に伴い、また環境保全問題や動物愛護の観点から、ヴィーガンが世界的なトレンドになっています。ドイツも例外ではなく、ベジタリアンやヴィーガンの価値観は一般的です。

僕のクリームブリュレのレシピと比較すると、今回は卵黄不使用・豆乳・コーンスターチを使用しています。

気になる味ですが…

一般的なクリームブリュレに比べると、さっぱりしていて豆乳感が強いです。濃厚さはありません。やはり豆乳がお好きな方におすすめできます。ちなみに私は豆乳やアーモンドミルクなどが大好きなので、とてもおいしく感じました。

実は僕も妻も、ヴィーガンではありません。動物性食品をお互い30年近くほぼ毎日摂取してきているので、いきなり全ての食事をヴィーガンにすることは、舌や味覚が慣れるまで時間がかかります。

しかし現在の食の安全や未来の地球環境問題において、やはり動物性食品の取り過ぎという考え方には賛成しています。

毎日ヴィーガンは…正直できかねますが、週に1度や時々ヴィーガンのスイーツを作り、次世代の食の安全を守るためにできることをしています。

クリームブリュレはとても簡単なレシピなので、楽しくヴィーガンレシピを作れるのではないかと思います。ぜひお試しください!

※レシピ・動画・写真の無断転用転載はお控えください

材料

130g豆乳生クリーム
85g豆乳
15gコーンスターチ
ひとつまみバニラパウダー
ふたつまみターメリック
20g砂糖
適量ブラウンシュガー

下準備

  • ココット型直径12cmを2つ
  • ガスバーナー(クッキングトーチ)

クリーム作り

  1. 鍋に豆乳生クリーム、豆乳を入れる
  2. ボウルにコーンスターチと、鍋に入れた豆乳を大さじ3だけ追加で入れる
  3. ボウルの材料を泡だて器でよく混ぜる
  4. バニラパウダー、ターメリック、砂糖を鍋に入れ、沸騰させる
  5. 沸騰させながら鍋を泡だて器で、ゆっくり適宜かき混ぜる
  6. 沸騰した豆乳を少しずつボウルに加える
  7. ボウルに入れたクリームを、こして再び鍋に戻す
  1. 再び沸騰させ、適宜ゴムベラでゆっくり混ぜる
  2. その後弱火にして1分ほど混ぜる
  3. ココット型にクリームを入れる
  4. 粗熱が取れるまで冷蔵庫で完全に冷やす

目安は1時間です

キャラメリゼ

  1. 食べる直前にブラウンシュガーをかける

小さじ2ほどかけて、全体にまぶします。薄い層ができる量でOKです。
ココットを持ち上げ、トントンと叩くようにし、薄い層ができるようにします。
もしブラウンシュガーが余ったら、元のに戻してください。

  1. ガスバーナー(クッキングトーチ)を使用し、表面をキャラメリゼする

焦らずゆっくり、焼いてください。
速く焼いてしまうと、表面がパリっとなりません。

完成

簡単・ヴィーガンレシピのクリームブリュレでした。

ヴィーガンに興味はあるけど、なかなかどのように作ったらいいかわからない。

ヴィーガンって本当においしいのかわからない。

そんな方にとって手が出しやすいレシピかと思います。今後も僕のアトリエでは、ヴィーガンやグルテンフリーなどのレシピをご紹介していきます。

ぜひご自宅でお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました